キャッシュレスは宝箱

ポイントやキャンペーンを活用しお得で嬉しい瞬間を重ね、キャッシュレス社会を賢く生き抜くヒントを探ろう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
まずはここから始めよう、知っている人だけが得をするポイント生活の基本です。
サービス利用でポイントがもらえる賢い選択 ・ ハピタス (無料登録はこちら)

nanacoクレジットチャージでポイントを貯めよう

新生活のスタートにあたり、年間を通したポイント戦略を考えておきたい節目でもありますね。
ローマは一日して成らず、ポイントもまたコツコツと積み重ねてこそ高みでの至福の時を迎えられるのであります。

盲点ともいうべき意外なところとしては、税金や公共料金での支払いでもまたポイントを得るのが可能だということなんです。
クレジットカード収納に対応している自治体などもありますが、手数料が上乗せされてしまっては恩恵が感じられませんので注意が必要ですよ。

 

セブン-イレブンより

セブン-イレブンより

おそらく現金以外の支払いに唯一対応しているのが、セブンイレブンの店頭における電子マネーnanacoです。
nanacoで支払ってもレジでのポイント対象外ではありますが、チャージ時におけるショッピングポイント付与のあるクレジットカードを選ぶことがコツとなります。
チャージ上限がセンター預かり分を含めて100,000円ですので、複数所持することやチャージタイミングなど年間を通しての支払い計画立案が大事なんですね。

 

電子マネー nanacoより

電子マネー nanacoより

おさいふケータイでのモバイル版とICカードの両方それぞれに同一のクレジットカードを登録できますし、ICタイプはセブンイレブンの新規オープン店舗などの実質無料時に入手するといいでしょう。

 

リクルートのクレジットカード Recruit Cardより

リクルートのクレジットカード Recruit Cardより

そしてチャージする一番有利なクレカはなんといっても1.2%還元のリクルートカードです。
こちらは各種電子マネーチャージ全般の合計で月間30,000円までがポイント付与対象となっておりますので、年間での支払額を考えるとサブカードが必要な方もいらっしゃることでしょうね。
ヤフーカードなら付与額に制限はないものの、半減の0.5%付与となります。
そもそもショッピングポイント付与してくれるクレカは数少ないので、よく調べてそれぞれの特徴をつかんでおきたいものであります。
それと、頻繁に改悪されてしまいますので最新情報に敏感になっておくことも重要ですね。

個人事業者のケースにあっては、所得税やら消費税やらの国税における高額納付などにも上手に分割して挑んでいらっしゃる方もいらっしゃるようですよ。
電気料金には口座振替割引があったりして注意も必要ではありますが、税金の口座振替をコンビニ納付書送付に変えてもらったり水道料金をコンビニ払いに変えてみたりと探せば見つかるもんですよ。
あなたのライフスタイルに合わせた工夫次第でポイント機会もグッと広がることでしょう。

 

リクルートカードはハピタス経由で申し込めば報酬が得られてお小遣いができますね。
KyashやOrigamiなど他の決済アプリとの連携を考えると、VISAかMastercardブランドを選ぶのが拡張性の高さで有利となりますよ。
ハピタスの検索ボックスに打ち込んで、新生活を彩るクレカ選びの一つにぜひ加えてみてください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス